ヴォイスチェックサービス概要

主宰 磯貝靖洋

磯貝靖洋磯貝靖洋(いそがいやすひろ)
1970年より舞台演出(オペラ、演劇、ミュージカル)と並行し、舞台表現者の音声研究を行なう。
1977年Vocal Arts Service Center(VASC)の前身グループであるオペラ・ワークショップ(OWS)を設立。
声楽家、ミュージカル俳優、演劇俳優、声楽等幅広いジャンルに渡り、音声・言語指導を重ね、その指導件数は全国で5,000件を超える。東京の他、全国5カ所(札幌、仙台、新潟、金沢、広島)で地方塾を開催。障害者、高齢者の音声言語指導を行う。日本音声学会会員。

【音声・言語系主な活動】

1977年 オペラ研修と公演を目的に、オペラ・ワークショップ(OWS)を設立。
1993年 (旧)OWS内に「OWS創造塾」を開塾。歌系からことば系にジャンルを広げ、演劇俳優・声優も含めた“声のパフォーマンサー”のための専門訓練を開始。
芸術家の社会貢献を目的にOWS内に「OWSふくしの会」を設立。
障害者、高齢者施設をボランティアで訪問コンサートを行なう。
代表、芸術監督、指揮者。
1995年 文化経済学会<日本>論文集 第1号「日本のオペラ界、両目を開いて眺めてみれば」127-130
1998年 磯貝メソッド地方塾開始。98年(仙台)99年(広島)03年(金沢、新潟)07年(札幌)を開塾。
1999年 北海道舞台塾/日本劇作家協会(札幌)講師
2000年 磯貝メソッド(声とことばの訓練法)を創案
2001年 鴻上尚史のオープンワークショップ、講師
2005年 第1回 日本俳優ヴォーカルコンクール 審査委員長
2005年 声とことばのシンポジウム@主催
2005年 2005年〜現在まで 声の名作劇場 東京、神奈川、広島、新潟、金沢、北海道など全国で開催、演出
2007年 3月OWSを解散。7月Vocal Arts Service Center(VASC)設立。
第2回 日本俳優ヴォーカルコンクール 審査委員長
2009年 声の診断を行う「ヴォイスチェックサービス」を開始。

その他活動を含めて、全国各地にて年間100回以上の講演会、ワークショップを開催。

【主なメディア出演】

2000年 テアトロ7月号「声を考える 鴻上尚史VS磯貝靖洋」
2006年 シアタープランニングネットワーク シアター&ポリシー#35 アーツとしての声と表現と絶対軸の確率
2007年 J-Wave Growing Reed V6岡田准一と対談 「良い声ってなんですか?」
2010年 話し方のポータルサイト「PSL(パブリックスピーキング・ラボラトリー)」で紹介